諦める前に当院へお越しください

院長あいさつ

かかりつけの先生から「根の状態が悪いので抜歯しか方法がない」と診断されると、本当に治療は無理なのだと諦めてしまうことがあると思います。抜歯をする前に、ぜひ一度当院にご相談ください。

当院はインプラント専門の歯科クリニックですが、すべての方にインプラントをおすすめするわけではありません。歯を残すために根管治療を提案することもありますし、ブリッジや入れ歯をご提案するケースもあります。当院にはインプラント認定医や根管治療の専門医が在籍していますので、あらゆる可能性を探りながら、患者さまにとってベストな治療をご提案できます。

患者さまの中には、セカンドオピニオンを求めに来院される方もいます。お話を伺っていると、複数の歯科医院に相談してもインプラントを提案され、それでも諦めきれずに相談に来たと言います。そうした方でも、根管治療のスペシャリストの診断を受けると、たとえ歯を残せないとわかっても、多くの方は納得してインプラントを選択します。

当院のインプラントドクターは、複数のインプラント認定医の資格を取得し、年間約350症例のインプラント手術を行っています。科学的根拠に基づいた、客観的で精度の高い診断ができるのも、当院ならではの強みです。もちろん、無理に治療をすすめることはいたしませんので、お気軽にご相談ください。

患者さまが心から満足できる治療を提案します

院長あいさつ当院では、あらゆる可能性を探り、ベストな治療を追求しています。とはいえ、同じ症例でも患者さまごとに選択する治療方法は異なります。患者さまによっては、インプラントを要望される方もいますし、リーズナブルな入れ歯やブリッジで十分対応できる方もいらっしゃいます。また、骨や顎の状態によってはインプラントが難しく、別の治療方法を提案する場合もあります。

これらを総合的に判断しながら、最善の治療方法を提案しなければなりません。患者さまが心から満足できる治療方法とは何かを考えながら、あらゆる角度から検討した治療方法を提案できるよう、常に心がけています。

快適にインプラントを受けていただくために

院長あいさつインプラント手術に対して、未だに怖い・痛いといったイメージをお持ちの方が多いと思います。実はインプラント手術は、親知らずの抜歯と同じくらい術中の痛みや術後の腫れがほとんどない手術です。事前にCT診断でインプラントを入れる位置を正確に調べているので、術中のトラブルもありません。

信頼性の高い材料を使用し、クリーンな環境の中で高度な技術を持つインプラント専門医が行う手術は、成功率が高く安全です。また、感染対策も万全で、コップやエプロン、グローブなどは使い捨てのできるディスポーザブル製品を使用し、治療で使用した器具はその都度滅菌消毒し、患者さまごとに清潔なものと交換しています。

それだけではありません。できるだけ落ち着いた環境の中で治療を受けていただきたいと考えています。診察室は個室とし、プライバシーを守れるので、周りを気にせずに治療を受けていただけます。クリーンで安心できる環境づくりに努めていますので、安心して治療を受けてください。

院長経歴

院長あいさつキャナルコート歯科クリニック
東京キャナルコートインプラントセンター
院長:山田健太郎

【経歴】
1997年 3月 日本大学歯学部卒業
1997年 7月 日本大学歯学部保存修復講座勤務
1998年 4月 東京電力病院勤務
2003年10月 キャナルコート歯科クリニック(イオン)開業、医療法人天白会設立
2005年 8月 キャナルコート歯科クリニック(東雲)開業
2006年 8月 東京キャナルコートインプラントセンター併設

【資格・所属学会】
・日本口腔インプラント学会認証医
・日本大学歯学部兼任講師
・Dr. Philippe G. Khayat Dental Office (France)(元フランス審美歯科学会会長)短期留学
・アメリカ・ペンシルベニア大学 短期留学
・POIインプラント認定医
・ブローネマルクインプラント認定医
・アストラテックインプラント認定医
・AQBインプラント認定医
・バイコンインプラント認定医
・GORE™ Regenerative Material Certifying Course 修了
・POI System Implant Master Course 修了
・Bicon Dental Implant Educational Course 修了
・Occlusion Seminar in Aoyama
・All-on-4 Clinical Training Course
・Treatment Planning For Implant Dentistry Course

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ