All-on-4とは

All-on-4とはAll-on-4は、たった4本のインプラントで総義歯を支えることができる治療です。大きな特徴は、手術中の身体的な負担や、治療期間・費用を大幅に軽減し、手術と同時に仮歯を入れられること。たった4本のインプラントで、手術したその日から噛めるようになります。

All-on-4は、前歯の顎の骨にインプラントを埋入します。ここは骨が硬くてしっかりしている状態のよい場所です。奥歯の骨の量が不足していて埋入が難しいと診断された場合でも、たくさんの方がAll-on-4でインプラントにしています。

従来のインプラント治療との違い
すべての歯を失った場合、上下の顎に16本(上顎8本・下顎8本)のインプラントを埋入します。安定性は高まりますが、大掛かりな手術となるため身体的な負担がかかります。治療費も高額になり、治療期間も長引くなどの問題もあります。こうした治療に代わる負担の少ないインプラントがAll-on-4です。

All-on-4は、ポルトガルのパウロ=マローが開発した治療です。彼のもとでAll-on-4の技術を学んだインプラント専門医は多く、現在ではAll-on-4は世界中に広がっている治療方法です。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ