インプラントと入れ歯の違い

入れ歯入れ歯は取り外し式の人工歯で、金具を歯にかけて固定させる方法です。1本から複数本の歯を補う部分入れ歯と、全部の歯を補う総入れ歯があります。治療は短期間で終わり、保険が適用できます。その一方でほかの歯に負担がかかったり、安定性に欠けたりするというデメリットもあります。

入れ歯のメリット
●保険が適用できる
保険と自費のいずれかを選択することができます。保険適用の入れ歯は材質や作り方に制限がありますが、比較的安い費用で製作できます。

●短期間で治療が終わる
材質などにもよりますが、型採りをして入れ歯を製作するので、インプラントに比べると比較的短い期間で治療が終わります。

入れ歯のデメリット
●審美性に欠ける
歯に金具をかけて固定させるため、材質によっては金具が目立って見た目が悪くなることがあります。また、歯と金具の間に食べカスが詰まったり、痛みを感じたりする場合もあります。

●歯を削る
部分入れ歯の場合、金具(バネ)をかけるため、隣の歯を削る必要があります。

●咀しゃく力が弱くなる
両隣の歯に金具をかけて固定しますが、インプラントのような安定性はありません。不安定な状態となり、噛んだときに力が吸収されてしまうためしっかり噛めない場合があります。また、味覚や食感を損なう場合もあります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ