インプラントとブリッジの違い

ブリッジブリッジは、失った歯の両隣を土台にし、その上から橋を架けるように人工歯を装着する方法です。人工歯を固定させるので安定性に優れていますが、両隣の歯を削るため、健康な歯にダメージを与えるという欠点があります。

ブリッジのメリット
●保険が適用できる
保険と自費のいずれかを選択することができます。保険適用の場合は、材質や治療方法に制限がありますが、費用を抑えることができます。

●短期間で治療が終わる
土台となる歯を削って型採りをし、人工歯を装着するだけなので、短期間で治療が終わります。

●安定性がある
固定式なので、入れ歯に比べると安定性が高く、しっかり噛むことができます。

ブリッジのデメリット
●両隣の歯を削る必要がある
土台となる両隣の歯を大きく削るため、健康な歯にダメージを与えます。また、両隣の歯に噛み合わせたときの力がかかり、大きな負担となります。

●インプラントと比べて装着感が劣る
固定式ですが、インプラントと比べると装着感は劣ります。また、人工歯と歯肉の間の隙間に汚れが溜まりやすく、清掃性が悪くなります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ