手術中の痛みはほとんどありません

痛みの少ない治療

インプラントで一番多い質問が、手術中の痛みや術後の腫れです。歯を削って詰める治療と違い、大掛かりな手術を必要としますが、麻酔をかけて手術をしますので、痛みを感じることはほとんどありません。親知らずの抜歯と同じ程度なので、術後の痛みや腫れもほとんどありません。あったとしても2~3日で引いていきますのでご安心ください。

術後の痛みを和らげる取り組み
術後の痛みもほとんどありませんが、患部を温めると血行がよくなり、痛みや腫れが強くなる場合があります。できるだけ冷やすようにしてください。また痛みが強い場合は、痛み止めや腫れ止めの薬を服用することで痛みをコントロールできます。

しっかり効かせる二段階麻酔

インプラントは特別な麻酔をかけて手術をすると思われがちですが、歯を削るときと同じ麻酔をすれば、ほとんど痛みは感じません。そうとわかってはいても、麻酔をかける瞬間のチクっとした痛みや不快感は、患者さまにとっては大きなストレスです。当院ではできるだけ痛みの少ない麻酔を心がけ、表面麻酔を使った二段階麻酔を取り入れています。

【第一段階】表面麻酔で針を刺したときの痛みを和らげる二段階麻酔
針を刺したときの痛みを和らげるため、事前に表面麻酔を効かせます。表面麻酔は麻酔注射前の麻酔で、針を刺す部位に塗ると患部がしびれてきて感覚が麻痺してきます。時間を少しおいたあと、歯ぐきを触っても痛みを感じなければ大丈夫です。表面麻酔がしっかり効いているので、針を刺したときのチクッとした痛みや不快感がなくなります。

【第二段階】電動麻酔器による痛みの少ない麻酔二段階麻酔
十分に表面麻酔を効かせたあとは、電動麻酔器で麻酔をかけます。麻酔液を注入する速度と圧力がコンピュータ制御されているので、薬を入れるときの違和感はほとんどありません。麻酔時の痛みを大幅に軽減できます。

お声をかけて不安や緊張を和らげる

痛みの少ない治療緊張すると、誰でも心拍数や血圧が高めになります。患者さまの状態を確認するために、手術前に血圧や心拍数を測定します。表面麻酔を塗る前や麻酔注射を打つときなど、1つひとつの処置に入る前にできるだけお声をかけるように努めています。

緊張していると身体に力が入って固くなり、ちょっとした刺激でも強い痛みを感じてしまいます。その都度お声をかけていくと緊張や不安が和らぎ、血圧や心拍数も落ち着いてきますので、安心して手術を受けてください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ