2014年3月21日

料金表

インプラント治療を行う本数や治療方法、保証年数によって費用は異なりますが、あくまでも健康保険の対象外ですので、費用は高めになります。あらかじめよく相談し、納得してから治療を受けてください。なお、一般審査、前処置は保険適用となっております。

また、インプラント治療は交通費も含めて医療費控除の対象となります。詳しくは受付でお尋ねください。
医療費控除について

※料金はすべて税抜表記となっております。

インプラント料金表

CT撮影・検査・診断
項目 イメージ 内容 価格(税抜)
撮影料 カウンセリング 1部位単位 3,500円
インプラント術前検査撮影・診断料 CT撮影 3,500円
データ提供料 windows環境のPCで閲覧可能なCD-ROMにてお渡しします 5,000円

インプラント治療費(※ストローマン・OSSTEM・Nobel・POI・AQBほか取り扱い)
項目 イメージ 内容 価格(税抜)
5年保証インプラント
(人工歯根+上部構造)
インプラント埋入費用(5年保証) フルジルコニア 360,000円
オールセラミック 400,000円
ロケーター 300,000円
永久保証インプラント
(人工歯根+上部構造)
インプラント埋入費用(永久保証) フルジルコニア 400,000円
オールセラミック 440,000円
ロケーター 340,000円
沈下防止用 200,000円
All-on-4 2,635,000円

※上記価格は1本あたりの価格となります。
※上部構造物の保証は異なります。
※ナイトガードの費用は上記価格に含まれておりません。
※前歯部はテンポラリークラウンの使用が標準となるため、10,000円UPとなります。

各種オプション
ストローマンアクティブ・OSSTEM
※治療期間を他インプラントより短かくすることができるインプラント
8,000円
サイナスリフト(1部位) 200,000円
GBR手術(骨移植・造成の場合) 90,000円
GBR手術(抜歯即時等での骨補填材使用のみ) 50,000円
スプリットクレスト 70,000円
ソケットリフト法(1部位) 60,000円
シェードテイキングチャージ(1治療毎) 10,000円
ポンティック(1本あたり) 100,000円~
テンポラリークラウン(仮歯) 10,000円
ポンティック部 2,000円
サージカルガイド 50,000円
上部構造物の再装着 3,000円~

※サイナスリフト手術など症例によっては提携の東京大学病院へ紹介させて頂く場合があります。

お支払い方法

一括支払い
当院受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込みください。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さまのご負担となります。

デンタルローン
デンタルローン (アプラスデンタルローン)
毎月均等分割払い、最高7年(84回)までの分割支払いが可能です。
クレジットカードの分割払いより利率が低いのでおススメです。

クレジットカード
クレジットカードでもお支払い可能です。
(誠に恐れいりますが、ご利用は5,000円以上からとさせていただきます)
※カード会社によってお受けできない場合もございます
クレジットカード

インプラント治療は交通費も含めて医療費控除の対象となります。詳しくは受付でお尋ねください。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ