最大のメリットは自分の歯と同じ感覚で食べたり喋ったりできること

インプラントとは

現在、失った歯の機能を回復する治療として、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3種類があります。これまでは入れ歯やブリッジが主流でしたが、安定性や装着性、快適性、審美性などに欠けるため、より満足できる治療を求める声が増えてきました。そうした中で、当院がおすすめする治療がインプラントです。

インプラント治療ってどんな治療?
インプラントとは、歯を失った顎の骨の中に人工歯根を埋入して土台を作り、その上から人工歯を装着する治療法です。健康な歯を削る必要がなく根の部分から回復できるので、限りなく天然の歯に近い噛み心地と安定感が得られます。

●インプラントの素材
インプラントはチタンを素材にしています。チタンは骨と結合しやすく、生体親和性(身体となじみやすい性質)に優れている素材で、整形外科の分野などでも使われています。

インプラントのメリット

インプラントのメリットインプラントの最大の特徴は、限りなく天然の歯に近い噛み心地です。おせんべいのように堅い食べ物でも、しっかり噛んで食べられるようになります。治療のためにほかの歯を削ったり負担をかけたりすることがありませんので、お口全体の健康を維持することにもつながります。また、入れ歯のようにバネを必要としないので、審美性にも優れています。

●堅い物でもしっかり噛める
インプラントは顎の骨に埋入する治療です。歯を支える根から回復するので、天然の歯と同じようにしっかり噛むことができ、食べ物の食感を楽しむことができます。

●見た目も自然、発音も明瞭に
バネなどを使いませんので、天然の歯と同じような自然な美しさに仕上がります。また、はっきり喋れるようになって、発音も明瞭になります。

●健康な歯を削る必要がない
インプラントの上に人工歯を装着するので、治療のために隣接する歯を削る必要がありません。ほかの歯に負担がかからないので、全体の歯を守ることができます。

●ほかの歯に負担がかからない
歯を固定させるバネがないので、残っている歯に負担をかけずに済みます。

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットインプラントは、限りなく天然の歯に近い理想的な治療ですが、治療をするには外科手術が必要です。ほかにもいくつかのデメリットがあります。

●外科手術が必要
インプラントは人工歯根を顎の骨に埋入する手術が必要です。また治療の質を高めるために材料や人工歯の質の高さも要求されるので、治療費用が高額になります。

●治療期間が長い
手術を必要とするため治療期間が長く、最短の目安は2か月~半年程度です。また、埋入するインプラントの数が多く、骨の移植手術などが伴う場合はさらに治療期間が長くなり、1年以上かかる場合もあります。

●健康状態によっては適用できない場合もある
糖尿病や高血圧などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合があります。また、骨の量や厚さが不足している場合、部位によってはインプラントを埋入できない場合があります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ