ブリッジの提案

前歯の欠損ブリッジ
前歯は、お口を開けたときに最も目立つ部分です。当然、治療でも審美性が求められます。前歯のインプラント治療は大がかりな処置が必要となるケースもあり、かえって見た目が悪くなってしまう場合もあります。審美性を重視する前歯は、インプラントの提案に加え、選択肢の1つとしてブリッジをご提案しています。

前歯は外側の骨がとても薄く、骨が吸収しやすい部分です。骨が吸収されると、インプラントの上部が見えてきて見た目が悪くなります。審美性を損なわないためにも、当院ではブリッジを視野に入れた診断をします。もちろん、患者さまのご要望をお聞きした上で相談しながらベストな治療方法をご提案します。

骨の状態がよくない場合
骨の質に問題がある場合でも、骨の移植や骨造成手術をすればインプラントは可能です。しかし治療には身体的な負担がかかります。そのため、両隣の歯がしっかりしている状態であれば、身体的リスクが少ないブリッジを提案することがあります。

ブリッジは両隣の歯を削るため寿命が短くなると思われがちですが、しっかりとしたケアをしていくことで歯の寿命を延ばせることが可能です。もちろん、患者さまのご要望もありますので、正確に診査・診断したあと、情報をわかりやすく提供して選択していただきます。
 

まずはご相談ください

まずはご相談ください お問い合わせフォーム 電車でお越しの方

メールでのお問い合わせ